2015年11月12日

腫瘍のできた猫 ダンボのその後 2015年11月

6月
膀胱炎で
重篤な状態だった
ダンボちゃん



腫瘍が
発症して
1年4カ月
片側だけですが
かなり
腫れています

現在
体重は
3.9kg

元気な時は
7kgの
大きな猫
だったのですが
最近は
食が
細くなりました



事務所の猫たちが
食べているのは
s/dとc/d

全員
この
ヒルズの
ご飯が大好きに
なってくれて
よかった

膀胱炎の
発症は
1月に
餌を変えたことが
原因ではないかと
思います

お鼻の腫瘍の
ダンボのために
匂いの強いご飯を
と思ったのですが

ダンボは
毎日
センダンαを
飲んで
免疫力が
高くなっていたのか
なんとか
危機は
乗り越えました

とはいえ
動物病院から
お借りした
カラーが
重くて
よろけながら
歩いている
この頃です




posted by 猫 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お留守番猫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185590217

この記事へのトラックバック