2015年06月12日

腫瘍ができた猫ダンボのその後 2015年6月

のどかに
くつろぎ中





一年前の
7月
お鼻にできた
腫瘍は
現在
この状態

じょじょに
膨らんできました



片方の
鼻が
膨れているので
息をする音が
よく
聞こえます

ピンク色に見える
部分から
出血することはないので
助かります

この腫瘍が
どういう種類なのか
どういう経緯をたどるかも
検査をしていないので
分からないのですが
状態が
穏やかなのは
毎日飲ませている
センダンαの
ブレーキ効果かな
とも思います



ただし
今日は
別の病気で
カラーをつけて
隔離です

膀胱炎なのか
おしっこの出口を
舐めて
傷つけて
しまいました

直った時に
傷でふさがって
おしっこが
出なくなってしまうことが
考えられるそうです

おしっこが出ないと
48時間で
腎不全

お鼻も
むずがゆくて
両手で
かきむしってしまう
こともあるので
これからは
ずっと
カラーが
必要だよと
付けてもらいました



膀胱炎の
原因の
療養食サンプル

いろいろ
いただいたので
気に入ったものを
購入しようと思います



元気そうに見えますが
病状は
重篤です









posted by 猫 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お留守番猫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185590243

この記事へのトラックバック