2016年02月27日

鼻に腫瘍のできた猫 ダンボのその後 闘病終わり

2016年2月27日(土)

1年8カ月
鼻の腫瘍を
患っていた
ダンボですが
昼に
息を
引き取りました



一日前
カラーをつけて
ちゃんと
歩いていました



今朝は
動かなくなっていました

この写真を撮って
カラーをはずした
5時間後

苦しむことなく
眠ったまま
逝きました

1月には
体重が3.5kg

鼻の腫瘍は
かなり大きくなって
息ができないのではないか
自壊するかと
心配していましたが
なんとか
大丈夫
でした

その時点で
毎日飲ませていた
センダンαも
中止しました

残りは一瓶
ありましたが
いつまで
頑張らせたいか
考えて
自然に
その日を迎えるのが
いいかなと
思いました

それから
2か月

体重は
2.7kg

もう
「なんでも食べようね」と
ピュリナのスープを
1か月分
買ってきてあげたのに・・・

二日しか
食べさせてあげられなかったことが
心残りです












posted by 猫 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お留守番猫

2015年11月12日

腫瘍のできた猫 ダンボのその後 2015年11月

6月
膀胱炎で
重篤な状態だった
ダンボちゃん



腫瘍が
発症して
1年4カ月
片側だけですが
かなり
腫れています

現在
体重は
3.9kg

元気な時は
7kgの
大きな猫
だったのですが
最近は
食が
細くなりました



事務所の猫たちが
食べているのは
s/dとc/d

全員
この
ヒルズの
ご飯が大好きに
なってくれて
よかった

膀胱炎の
発症は
1月に
餌を変えたことが
原因ではないかと
思います

お鼻の腫瘍の
ダンボのために
匂いの強いご飯を
と思ったのですが

ダンボは
毎日
センダンαを
飲んで
免疫力が
高くなっていたのか
なんとか
危機は
乗り越えました

とはいえ
動物病院から
お借りした
カラーが
重くて
よろけながら
歩いている
この頃です




posted by 猫 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お留守番猫

2015年06月12日

腫瘍ができた猫ダンボのその後 2015年6月

のどかに
くつろぎ中





一年前の
7月
お鼻にできた
腫瘍は
現在
この状態

じょじょに
膨らんできました



片方の
鼻が
膨れているので
息をする音が
よく
聞こえます

ピンク色に見える
部分から
出血することはないので
助かります

この腫瘍が
どういう種類なのか
どういう経緯をたどるかも
検査をしていないので
分からないのですが
状態が
穏やかなのは
毎日飲ませている
センダンαの
ブレーキ効果かな
とも思います



ただし
今日は
別の病気で
カラーをつけて
隔離です

膀胱炎なのか
おしっこの出口を
舐めて
傷つけて
しまいました

直った時に
傷でふさがって
おしっこが
出なくなってしまうことが
考えられるそうです

おしっこが出ないと
48時間で
腎不全

お鼻も
むずがゆくて
両手で
かきむしってしまう
こともあるので
これからは
ずっと
カラーが
必要だよと
付けてもらいました



膀胱炎の
原因の
療養食サンプル

いろいろ
いただいたので
気に入ったものを
購入しようと思います



元気そうに見えますが
病状は
重篤です









posted by 猫 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お留守番猫